今回はジャニーズ事務所の元チーフマネージャーとして
さらには元SMAPを担当していた飯島三智さんについて
書いていきますね。

 

 

なぜここにきて飯島三智さんが話題になっているかというと
(2016年6月19日)の報道で
元SMAPのメンバー3人・稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが
ジャニーズ事務所を退所することが発表されたからですね。

 

 

この報道を受け飯島三智さんは、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの
3人を率いて事業を展開するのではないかと噂がでています。
と、いうか、ほぼ決まりでしょうね。
“移籍先”も決まらずブラブラしているわけにもいかないですもの。

 

 

今回はそんな移籍するだろう
飯島三智さんの新事務所について書いていきますね。

 

スポンサーリンク

飯島三智が新事務所を設立させていた

 

 

実は飯島三智さんあれだけジャニーズ事務所を退社する際
『今後は芸能界で仕事することはないと伝えていた』というのに
実は、芸能界に携わる関係の事務所を立ち上げている。

 

 

2016年1月にジャニーズ事務所を退職し
その年の暮の2016年12月から、中国系企業の関係者が設立した会社の
ラオックス関連の新事務所の代表取締役に就任している。

 

 

週間文春の取材によると

 

 

設立者はラオックス関係者

代表取締役は飯島三智

就任日は2016年12月

事業内容は【日本コンテンツの海外発信事業】及び【映画製作】

 

 

おそらく中国への進出を試みている。
過去にSMAPで中国でのコンサートを大成功させた経験もあり
十二分に芸能ビジネスで中国への進出は考えられるだろう。

 

 

そしてそこに、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんを
移籍させ、さらなる事業拡大を試みているはず。。。。

 

 

 

 

やり手の飯島三智さん、過去の人脈や手腕、経験を活かし
中国への進出もおそらく成功させるのではないでしょうかね。

 

スポンサーリンク

 

飯島三智が新事務所の社名

 

では、飯島三智さん就任している新事務所の社名は?
週刊文春によると会社の登記はすでに登録済なので
いずれ分かると思います。

 

一説によると、会社の所在地は中国・台湾とされている
のまでは分かってきました。

 

現時点では新事務所の社名に関しては
分からずじまいでが
追って分かり次第、追記させていただきます。

 

飯島三智が新事務所を設立の背景

 

ではなぜ飯島三智さんが新事務所を設立するに
至ったのか?

 

これに関しては週間文春で書かれていました。

 

飯島氏は2011年、SMAPが北京でコンサートを開催したのをきっかけに
ラオックスの羅怡文社長夫人と親密な関係となった。

「羅社長は中国の政界や芸能界にも太いパイプがある。
そのような背景から飯島氏が4人と合流したうえで
中国進出を計画しているという話が浮上しています。

実は、ジャニーズを退所した元KAT-TUNの赤西仁が現在、
中国でコンサートツアーやドラマ出演などを果たし
大成功を収めているという前例もあるのです。

新会社の会社登記情報を見ると
目的の欄には〈日本コンテンツの海外発信事業〉〈映画製作〉が
含まれており、中国芸能界への進出をうかがわせる。

(2016年1月の週間文春WEBより)

 

羅社長

 

なるほど
2011年SMAPが北京でコンサートを開催が事の発端だったようですね。
しかもそこでの飯島三智さんの手腕が
羅社長に大きく評価されたのでしょうね。

 

さらにかつてジャニーズに所属していて
アメリカを中心に活動していた元KAT-TUNの赤西仁が
現在中国で人気ということも中国進出のきっかけになっていると
考えられますよね。

 

 

そして最後に飯島三智さんにとっても
羅怡文社長の経営するラオックスの系列会社が
中国で政界、芸能界にパイプをもっており
そこから新事務所を設立した方が得策と考えたのでしょうね。

 

加えて言うなれば、ジャニーズ事務所の圧力にも
十分に耐えられるのではないでしょうかね。

 

 

今回は飯島三智さんの新事務所の現状と社名
について書きましたが

 

 

今後は
元SMAPのメンバー3人・稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾の
ゆくえも気になりますよね。

 

 

ではなー