週刊文春が2018年最後の文春砲を発動させた。
その文春砲は、フォトジャーナリストで戦場カメラマンの広河隆一氏の
セクハラや行為というもの。

 

今回は広河隆一さんのセクハラ内容について書いていきますね。

 

 

広河隆一 文春砲 衝撃のセクハラ内容とは

(画像引用元 https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/photojournalistmetoo)

 

 

週刊文春1月3日・10日号では
広河隆一氏が複数の女性に対し
セクハラや性行為およびヌード撮影の強要などを行なってきた疑惑が報じられた。

 

 

さらに週刊文春の記事では
人数にして「7人の女性が被害を訴えていた」ということです。
中には大学生アルバイトもいた。

 

 

7人とはかなりの常習犯と推測できます。
この週刊文春の報道からさらなる被害者が出てきそうですが。。

 

 

このような
週刊文春のセクハラ報道に、広河隆一氏は
複数の女性たちと性的関係をもったことは「いろんな形であります」と認めている。

 

 

が、一部、週刊文春のセクハラ報道を否定

「望まない人間を無理やりホテルに連れて行かない」

「断る間もなくそんなことができるなんて、普通ありえないですよ」

「(女性たちは)僕に魅力を感じたり憧れたりしたのであって、職を利用したつもりはない」

 

などと反論しているという。

 

 

ちなみに広河隆一氏は2018年現在75歳です。

 

「DAYS JAPAN」編集部に出入りしていた複数の女性に性的関係を迫っていた。
と報じられています。2004年に月刊誌「DAYS JAPAN」を再創されているので
このセクハラ行為は、広河隆一氏(2018年現在から)14年前の61歳以降のことということですね。

 

 

 

 

 

その広河隆一さんがセクハラした内容ですが
週刊文春の取材に証言した女性のうち一人が
BuzzFeed Newsに語っていました。

 

 

ホテルの部屋に呼び出された
女性は大学生だった10年ほど前、DAYS編集部でアルバイトをすることになった。

 

「フォトジャーナリストになりたいという夢を持ちはじめた頃でした。狭い業界の中でも広河さんは雲の上の上のすごい人で、神様のようなイメージでした。そんな人のつくるすごい雑誌の編集部で働けることがうれしく、できるだけ多くのことを学びたいと意気込んでいました」

 

初めて編集部を訪れた日、帰り道で駅に向かっている途中、電話が鳴った。広河氏本人からだった。

 

「これが僕の携帯なので、これからもよろしくね」

 

手の届かないような人なのに面倒見がいいんだな、と感じたという。それから1カ月ほど経ってから、女性は撮影した写真を広河氏に見てもらう機会があった。

 

「写真が下手だから個人的に教えてあげるよ」

 

そう言われて、指導の場所として指定されたのは、東京・新宿の京王プラザホテルだった。

 

「カメラを持ってこいと言われたので、周辺の緑があるところで撮影するためにホテルで待ち合わせるのかなと思っていました」

 

ロビーに到着して電話をかけると、部屋に上がってくるように言われた。

 

「原稿が忙しいときはホテルにカンヅメになると聞いていたので、仕事場にしている部屋で待ち合わせなのかな、と思いました。尊敬していたし、当たり前のように信頼していたので、特に大きな疑問は持ちませんでした」

 

ドアを開けると、部屋はきれいに片付いていた。

 

「一言か二言しゃべったかもしれませんが、はいじゃあベッドに座って、という感じで、あっという間にキスをされて押し倒されました」

 

「最初はなんとか逃れられないものかと思っていたのですが、よしよしという感じで体を撫でられたときに、自分の心と体がフリーズしたような感覚になり、固まって動けなくなってしまいました」

 

やり過ごすしかない
女性がそんな状態になってしまったのには理由がある。

 

広河氏はDAYS編集部で、ささいなことで激昂し、理不尽にスタッフを怒鳴ったり罵倒したりすることが何度もあったという。

 

「そうなったらもう、刺激をしないように息をひそめ、嵐が過ぎ去るまでやり過ごすしかないというのがわかってきた頃でした。そのパワハラと同じことがセクシュアルな行為で起きてしまったのです」

 

性行為が終わると、広河氏は「これからモデルの子が来るからベッドをきれいにして」と女性に伝えた。モデルが部屋に着くと、「ストロボの使い方はこうやって」などと何事もなかったかのような態度で女性に写真を教えはじめた。

 

「何が起きたのか考えるすきを与えないというか、結果的に写真を教える約束は守った形になるわけですから、アリバイを作られたと感じました」

 

引用:https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/photojournalistmetoo

 

と。。

 

さらに

 

ささいなことで突然、広河氏から「事務所を出ていけ!」と怒鳴られる出来事があった。

 

「写真で伝える仕事がしたかったのに、私の夢がすべて終わってしまう。最も業界で名が知られていて、最も人脈がある人に怒られてダメ出しされたらもうやっていけない、という強迫観念に近いような感覚になっていました」

 

絶望し、泣きながら歩いていたときに広河氏から電話がかかってきて、タクシーに同乗するように言われた。行き先は、新宿・歌舞伎町のホテル。

 

「こういうときは、体を重ねてわかりあうのが一番だから」というようなことを言われ、裸の写真も撮られた。

 

「こんなすごい人を怒らせたのが悪かったんだという罪悪感と、性行為をしてしまったことの嫌悪感。自分が何重にもダメだったんだ、という自責の念が頭の中をぐるぐるしていました」

 

その後、女性はDAYS編集部を離れる決断をした。深夜に編集部で広河氏と二人きりになった時、背後から抱きつかれて「挿れたい」と言われ、もう限界だと感じたからだ。

 

社員に電話で「理由は話せませんがもう明日から行けません」と伝えたとき、事情を察したような反応だったのが気にかかった。

 

「他にも被害に遭った人がいたのではないか、と思うようになりました。それでも、裸の写真を撮られてしまったことが怖くて、声をあげることはできませんでした」

引用:https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/photojournalistmetoo

 

と、広河隆一氏にセクハラを受けたとされる
週刊文春の取材に証言した女性のうち一人がBuzzFeed Newsで語っている。

 

 

そのBuzzFeed Newsの記事がこちら

 

広河隆一のセクハラをやり過ごすしかないのか?

 

実際、広河隆一氏から
セクハラの被害を受けた女性ですが

 

やはりこのような「セクハラをやり過ごすしかない」状況だったようです。

 

先程のBuzzFeed Newsにも書かれているように

普段の広河隆一氏がDAYS編集部で

 

「ささいなことで激昂し、理不尽にスタッフを怒鳴ったり罵倒したりすることが何度もあったという」

 

というパワハラまがいな光景を目にしていたので
やはり抵抗することは恐れてしまいますね。

 

さらに
広河隆一氏はフォトジャーナリスト界の”神様”のような存在だと感じ
そのような「見捨てられたくない」という思いが強かったからと語る被害女性もいる。

 

 

確かに広河隆一氏のこれまでの実績

 

よみうり写真大賞やIOJ国際報道写真展大賞・金賞受賞
数々の賞を受賞し輝かしい実績を積んできましたからね。

 

このような方に睨まれたら「この業界で生きていけない」危機感はでてくるでしょうから。。

 

 

ちなみに広河隆一氏

2002年には日本ビジュアルジャーナリスト協会設立。

2003年には株式会社デイズジャパンを設立し
2004年に月刊誌「DAYS JAPAN」を再創刊し、代表取締役社長&編集長に就任しています。
(2014年に編集長を交代)

 

と、これまでの経歴・キャリアの方も凄い方です。

 

広河隆一氏、週刊文春で
「(女性たちは)僕に魅力を感じたり憧れたりしたのであって、職を利用したつもりはない」
と否定はしていましたが

 

やはり広河隆一氏のこれまでの実績や経歴がある方ですから
自然と権力が生まれ、広河隆一氏に逆らえない状況が業界内に根付いったのでしょうね。

 

 

ちなみに
「メディアにおけるセクハラを考える会」の代表を務める谷口真由美准教授が
2018年12月26日、自身のFacebookページに

 

 

今回被害を告発した女性たちから
「直接相談も受けており、告発内容が事実であると信じるに足る情報を得ています」と公表しました。

 

 

 

 

広河隆一が謝罪文掲載

なんと週刊文春からセクハラ報道を受けて
広河隆一氏が代表取締役社長を務める「DAYS JAPAN」のホームページでコメントを発表した。

 

広河隆一氏からのコメント

週刊文春2019年1月3・10日号に、私に関する記事が掲載されました。
この記事に関して、私は、その当時、取材に応じられた方々の気持ちに気がつくことができず、傷つけたという認識に欠けていました。私の向き合い方が不実であったため、このように傷つけることになった方々に対して、心からお詫びいたします。
なお、今回の報道により、私は、株式会社デイズジャパンの代表取締役を解任され、取締役の地位も解任されたこと、また、認定NPO法人沖縄・球美の里についても、名誉理事長を解任されたことを、ご報告いたします。

2018年12月26日
広 河 隆 一

引用:https://daysjapan.net/2018/12/26/%E5%BA%83%E6%B2%B3%E9%9A%86%E4%B8%80%E6%B0%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88/

 

 

さらに読者のみなさまへと題し

 

 

読者のみなさまへ
週刊文春2019年1月3日・10日号に掲載された広河隆一氏の記事に関して

週刊文春2019年1月3日・10日号に掲載された広河隆一氏の記事に関して、本年12月24日、広河隆一氏(以下、「広河氏」といいます。)から取材を受けたとの報告があり、弊社としては、直ちに広河氏に対して、聞き取りを行いました。
その結果、広河氏としては、その当時、取材に応じられた方々の気持ちに気がつくことができず、傷つけたとの認識を持っていなかったこと、傷つけたとの認識を持ち得ないまま今日に至ってしまったことを確認しました。
長年にわたってDAYS JAPAN誌の編集長・発行人としてかかわってきた広河氏が、被害者の方々の尊厳を傷つけてしまったことに対して、弊社として、心からお詫び申しあげます。
弊社としては、DAYS JAPANが標榜する理念に照らしても、極めて深刻な事態だと認識し、こうした事態をふまえ、昨日、臨時取締役会を開催し、広河氏を代表取締役から解任し、また、臨時株主総会を開催し、取締役からも解任いたしました。広河氏との関係も清算中です。
弊社として、広河氏の言説を看過するわけにはいかず、これに与する立場ではないことも鮮明にいたします。
広河氏が、自ら本件について誠実な対応を取ることを求めるとともに、弊社としても、弊社の存在意義をふまえ、最後までDAYS JAPANの刊行に取り組む所存です。
末尾ながら、読者のみなさまをはじめ、広河氏とともに活動してきた方々の信頼を失わせる事態となってしまったこと、また関係者の方々に多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くお詫び申し上げます。

2018年12月26日
株式会社デイズジャパン

 

引用:https://daysjapan.net/2018/12/26/%E8%AA%AD%E8%80%85%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%B8/

 

 

と、広河隆一氏が代表取締役から解任されたことを明かしている。
ただ、広河隆一氏、謝罪はしたが、性的関係を強要したかどうかなど、細部については触れなかった。

 

 

ちなみに
「DAYS JAPAN」は2018年11月に経営難と自身の体調、後継者不足を理由に
2019年2月をもって休刊し、発行会社を解散すると発表していた。

 

 

 

広河隆一の経歴や嫁や子供は

(画像引用元 https://pbs.twimg.com)

 

広河隆一氏の経歴

生年月日:1943年9月5日

年齢:75歳(2018年12月時点)

出身地:中華民国天津市(中国の天津市で生まれてます。2歳の時に日本の大阪に帰省)

最終学歴:早稲田大学教育学部

 

 

そして広河隆一さんの嫁は
現在は大手出版社に勤めている一般女性です。

 

で、この一般女性との結婚前には
イスラエル人のルティ・ジョスコビッツ(広河ルティ)さん
評論家として活動しています。

 

そしてルティ・ジョスコビッツ(広河ルティ)さんとの間にできた
子供・娘がタミイJ広河(広河J民)さんです。

 

 

広河隆一 文春砲 衝撃のセクハラにネットの声は

まあー
今から刑事罰を与えられないの?
懲役10年以上の事してると思う。
被害者多いしね。
名無しさん
ろくでもないジャーナリスト。きっちり刑事的な責任受けてほしいね。
そういえば、アメリカでDV加害者で逮捕状出ている菅野完というヤツもいたな。
名無しさん
こんなジジイが何やってんだか
キッチリ罪を償って欲しい
jkad0120
75歳ですか
名無しさん
こいつ、自分かやったことに対して後悔はしていないと思う。
名無しさん
汚いおじさん。
日陰でひっそりと晩年を過ごしてください。
というか逮捕されてください。
秋風
以前の評価「ジャーナリズムの鬼」
現在の評価「女性暴力の鬼」
…ずいぶん変わったものだ(苦笑)
名無しさん
男の写真好きにろくな奴いない。
烏丸少将文麿
ヒューマニスト気取りの
パワハラとセクハラのコンボ野郎。
左巻きの自称弱者の味方は、
弱い相手に横暴になる傾向が強い。
その典型。
名無しさん
強制わいせつ罪で逮捕レベルだよな?
名無しさん
これはセクハラではなくレイプになるのでは?
369SS
多くの役職は降りたようだけどまだまだ
刑事と民事、両方から潰さないと
やったことの報いは受けさすべき
名無しさん
「(女性たちは)僕に魅力を感じたり憧れたりしたのであって、僕は職を利用したつもりはない」などと反論した。と。。。普通に考えてこの爺さんにそういう感情はできないと思う。気持ち悪いし臭そうだし。権力を利用すればなんでもできると思ってるのもまた許せない!刑事事件にしてちゃんと刑事罰を与え、二度と公の場に出れなくしてほしい。
名無しさん
氷山の一角ではないか。芸能界、マスコミ、学界等以外にも偉い先生がいらっしゃる所にはこの種のことはザラにあると思う。若い女性は気を付けて欲しい。二人だけになりたがる偉い先生には近づかないことだ。心と体にに一生消えない傷をつけられては人生を否定されたのと同じだから。それにしてもこの人はゴーン氏よりも桁外れに悪質だ。刑務所で何年も過ごすべきだと思う。
わからん事多!
そんな区別もつかないのですか。呆れますね。
肩書きを持つ人は、立場と、事の重大さを考えてください。
名無しさん
もし山口敬之氏が無罪ならこの人も無罪でしょうね。女性が男性に抵抗せずホテルの部屋に入る時点で合意が成立するというなら、山口敬之氏もこの人も女性との合意があったと思いこんでも仕方ないというのでしょう。まさか内閣総理大臣と懇意にしている右翼ならセーフで、エセ人権派の左翼ならアウトだなんてダブルスタンダードではないですよね。なお、個人的にはどちらも完全にアウトだと強烈に感じますが、証言以外の確たる物的証拠を求められたら、非常に残念ながら、何とも言えません。日本がレイプ犯罪を正しく取り締まれる国になることを切に願います。被害女性の無念が晴らされますように。また、被害女性に対して更なる残酷な言葉を投げつけるような連中も居なくなりますように。
>。<
いま75歳。
問題は65歳前後から?
呆れた老人ですね。
あと何年生きるのか分かりませんけど、著名らしいので生き恥を晒す余生が待ってます。
名無しさん
あえて言うが、
立場を利用し、
騙して部屋に呼び、関係を迫った。
卑劣だ。
女性は立場があるので応じた。
百ゼロではない。
名無しさん
自称 人権派と人権派の戦いだね・・・
名無しさん
性犯罪者達は悪いことと知りながら
被害者が泣き寝入りしているときは合意だと常に頭の中で捏造している特徴がある
彼らは捕まるまで繰り返す
もし何かあれば泣き寝入りせず被害者支援センターにすぐ相談してほしい
陳鯉鯛
これって、余罪がありそう。
名無しさん
当時65歳のじいさんが孫ぐらいの年齢の女子大生を繰り返しヤッてたのか。
相手が自分に好意を抱いていたと感じていたなんて、よくも言えたもんだよ。
名無しさん
今回の件で露見したので社会的に居場所もなくなるでしょ
出来うることなら被害届出されて逮捕までいってほしいけどね
名無しさん
75才のおじいさんにこんな事言われてもね、女性困るでしょ。
名無しさん
「ホテルへ行った女も悪いだろ」と思ってしまう方へ
ホテルで取材の仕事がある→助手として女性を部屋に呼ぶ→襲う→その後そのまま取材の助手をさせる
という手口ですので、女性たちは仕事のためにホテル行ってます。常習だと思います。
名無しさん
アウトでしょ。
謝ってすむことじゃない。

(画像引用元 https://pbs.twimg.com)

名無しさん
この件は、許せません。広瀬さんは、責任を取り、罪を償う以外にありません。しかし、「こんな人と同じように人権を主張するような奴は信じられない」といった形で、このことに乗じた極端な一般化により、今回の件に関係のない人権擁護を求める人に対して、攻撃や否定的なコメントを浴びせる人が現れることを危惧します。そのようなことは、被害者にとってなんの力にもならず、かえって地位や権力を利用する人の横暴を助長することになると考えます。
名無しさん
広河がそんな大家だとは思わない。75歳、人生の最後で自分の実績に泥塗っちゃったね。大した実績でもないけど。
ロンドン
娘がいるのに、他人には権力で、娘には良い父を演出か。さすが詐欺師使いわけが違うな。
名無しさん
いちばんアカンやつ。雑誌の内容が内容だけに、これはキッツイ・・・。
名無しさん
自分に魅力があると思っていなんて、他人事ながらうなされるレベルで気持ち悪いです。
白鳥座61番星人白鳥エリカ
SM写真でも撮っていたのか。
puramu
そもそも、そこまでして得られるモノなど何も無い。大切なのは自分だけ。
名無しさん
>「私は、その当時、取材に応じられた方々の気持ちに気がつくことができず、傷つけたという認識に欠けていました。

悪気はなかった。合意の上で、相手も自分に好意があると思っていた。
>私の向き合い方が不実であったため、このように傷つけることになった方々に対して、心からお詫(わ)びいたします」

悪気はなかったが、もし結果的に傷つけてしまったのなら申し訳ない。
セクハラの定番言い訳。
名無しさん
もともとこの人噂は絶えない人だった。
7人ぐらいじゃないはず、もっといるでしょ。
マスコミの女好きは一般的だが、
レイプ紛いはだめだよね。
野球好太郎
フォトジャーナリストとしては一流かもしれないが、人としては下の下。
名無しさん
>『僕に魅力を感じたり憧れたりした』など、強要ではないと反論していた<
これだけで既にヤバいレベル。すべての女性が自分に気がある的な病気かも。人権派が非人権行為をした瞬間。
名無しさん
少なくとも、大学生が、ジジイの仕事ぶりにあこがれても性的魅力は感じないと思う
そこが大きな勘違い
名無しさん
性犯罪者達は本当は犯罪だと分かっていても被害者が泣き寝入りしている間は頭の中で合意だと常に捏造している
すぐに訴えることができるよう、何かあれば被害者支援センターで相談してほしい
また、まず子供にあわよくば群がる大人達から逃げることと、性犯罪者になってはいけないということを教えるのが性教育のはずだ
名無しさん
これって,刑事事件じゃないのか?
名無しさん
今度は早稲田大学か。
慶応の学性とおなじ。
名無しさん
もう終わり。
潔く自決をお勧めします。
名無しさん
この人、結構なお爺ちゃんだと思ってたけど、75歳か。
2007年~2017年と言えば、64歳~74歳の期間ってことか。
危険な紛争地帯で危険と隣り合わせの活動していると、自分の子孫を絶やさないというオスの本能が騒ぐらしいが、ホント元気良すぎだわ。
全共闘世代とか、その少し前の世代とか、学生運動やってたお爺ちゃんがたって、感心するほどパワフルだわ。
本当に本当
その世界によるけど、
大物で影響力のある人に
逆らえないことは多いよね。
お店をしている人が
「扱って無い商品なので
取材を断ったらその大物?ライターに嫌がらせをされてる」
と聞いて呆れたことがある。
無いのだから仕方ないのに
あちこちの出版社に「あそこは取材拒否のみせだ」と言いまわってたそうだ。
雑誌に掲載を持ってる人だが
情けない。
きっとこの人なんかも
思い上がったやつなんだろうな。
女性をもの扱いするやつにろくなやつはいないね。
名無しさん
「女性たちは)僕に魅力を感じたり憧れたりしたのであって…」…ハァ?何言ってんだ、この老いぼれチンパンジーみたいな爺さん…
名無しさん
ホント、男って…
名無しさん
だから俺はやりたくなかったって。
成功者の権力がやったんじゃないか?
椅子がやったのかもしれんなぁ。
名無しさん
年食っててもダンデイなオヤジならまだしも、こんなの昼間っから酒飲んでるオヤジやん。男の俺でさえゲロ吐きそう。
被害女性も苦痛だっただろう。
この罪は重いよ。
名無しさん
ホテルの部屋で取材があるから同席するようにと言って、やってきた見習い女性をレイプした後にその部屋で本当に取材をする、レイプの様子を写真に撮るなど、手口がかなり悪質だと思う。確信犯だね。
名無しさん
人権派ってのは暴力的でエロ事件起こす輩がが多い気がする
名無しさん
75年間、何を学んできたんだか
ヤー
関係があったのは事実なら、アウト。
こんなジジイに七人はないだろ。(笑)
1人なら可能性があるが。
最低料金で最高のサービスはあり得ない。
実刑判決が妥当。
名無しさん
人間じゃなく動物ですね。こういう方、たくさんいらっしゃいますが、立場を利用した動物にしか見えません。きっと理性などはないのでしょう。女性が辛い思いを告白出来てとても勇気のある方ですね。このような被害者が減りますように願います。
彼女はポ—ランドから来た留学生
内容的にはレイプと思う。
さすがに7人も証人がいれば言い逃れはできないと思う。
人権を食い物にする人権屋には、この手のが実に多い印象と思う。
鳥越氏を超えたと思う。
普通に居たらこの様な事は言われないだろう。
7その様なことを、まして他国で疑われる事自体が失態じゃないのか。やった、やってないじゃ無くて、それ以前の話で75の男として情けないんじゃないのか。
完全にツイッターも炎上して閉じる結末と思う。
View this post on Instagram

【しんらん交流館公開講演会】 〜広河隆一さん(フォトジャーナリスト)~始まりました❗️ ●日時 2018年3月22(木)18:00~19:30 ※開場17:00 ●講題 『福島とチェルノブイリ』-写真が教える私たちの課題 ●私たちは、あの震災から何をまなんでいるのか?実は、何も学んでないんじゃないか。 ●この国は、震災直後、まだ分からないことが多い中で、「安全です」と言った。 ●危険と言われていた放射線の数値を、安全としてしまった。 ●何より経済優先じゃなかったか。まず、子どもを助けなきゃいけないんじゃないのか ●震災のあの日、あの時、あなたは何をしていましたか? ➡️だいだいの回答が、慌てふためいていた。 ●もし、明日、震災が起きたらどうしますか? ➡️だいだいの回答が、準備できていない ●地震の教訓が生かされてない ●甲状腺がんは、早期発見なら治る ●心配ない、関係ないと言う人がいる。危機管理は前に前にしなきゃ意味ない。念のためにと言う人を信頼する。大丈夫を信じたがために、ついに私の番が来たわと亡くなっていく子ども ●立ち上がるのは、いつもお母さん。 ●保養地で泣き出す子ども。足に砂がついたって泣く。福島では砂に触ったらダメと教えられている #京都 #東本願寺 #広河隆一 #東日本大震災 #チェルノブイリ #しんらん交流館 #保養 #DAYSJAPAN #デイズジャパン #保養 #公開講演会 #3月22日 #福島

東本願寺 しんらん交流館さん(@shinrankoryukan_higashihonganj)がシェアした投稿 –

名無しさん
自分の魅力に女性側が好意を抱いてると思っていた。
的なことを最初話してたみたいですが・・
聞いてるだけで恥ずかしい。
尊敬の眼差しがあったとしても、普通の女子大生が
自分を異性として見てるかどうか冷静に考えないと。
名無しさん
解任されたからそれでいいという訳ではないと思います。
この文面を見る限り、相手を思いやる気持ちは皆無で自分自身は納得しない制裁(解任)を受けたからそれでよしとしろというように感じてしまいます。
「傷つけたという認識に欠けていました」等と述べてますが、解任された等も最後に述べていることを踏まえると自分の思うがままになるのが当たり前で未だに相手の気持ちは考えていないのではないでしょうか?
名無しさん
去勢処分にしましょう。
名無しさん
今75で10年前は65ですか?その当時性欲がおさえられなくて、地位を利用して若い子と手当たり次第って‥政治家といい男ってこんな人ばかり?呆れます?他の方が言ってますがもっと早くに罰を与えて欲しかった・・
でも今回告発された方も10年の間苦しんでやっと今だと思う勇気だと思うので讃えますが‥
何人もの女性の人生狂わせたこんな男!きちんと処罰してほしいです。
ヤフコメ浄化委員会
変態的性質と思う。
名無しさん
地位と名誉と、、、。手に入れると何故でしょう?
mo
雑誌のコンセプトもカッコいい骨太なものだったけど。何というか。。社内の同僚みてもそうだが、二面性のある人は普通にいる。が権力をもつと、その二面性は時に恐ろしいものになる。
黒電話ですが何か
のべ300人の女子体操関係者にセクハラした全米体操協会の主治医は禁固175年(実質死刑)になった。。。
日本も法整備と刑罰強化しないことにはダメだと思う。。。
名無しさん
許すはずないでしょ
人生は冒険
解職されただけで、ただそれだけで変わらず心にも身体にも傷付かず元気そうですやん。被害にあった方々への誠意ある謝罪は、言葉だけでは伝わりません。
名無しさん
まさに下衆…
名無しさん
役職を解任「された」と表現してる時点で、やったことの重大性を認識していないと思ってしまった。
この件の取材を受けたなら、記事が出ることがわかっていたはずで、きっと本人の中では武勇伝よろしく美化された記憶になっていたから「勘違い野郎」のようなコメントがその記事に出たのでは。
被害を受けた女性達に本当に謝罪する気があるなら、まず自ら役職を全て辞任すべきだし、謝罪文の例文みたいな型にはまった文章からは全く謝罪の感情がなく、これで終わりにしたいと取り繕っている感じが滲んで出ているような気がする。
これで終息してしまっては、女性が声をあげた意味がない。
内容的には被害届が提出されてもおかしくないレベル。立件されなくてもちゃんと罪を償う気はあるのでしょうかね、この人には。
名無しさん
昔から有ったんだろうけど、泣き寝入りしない人が増えてきた。とても良いこと。但し、冤罪痴漢の様なケースも有るので、言質をしっかり採って告発して欲しい。
昔と違い悪人は一生データがネットに残る時代。乙武、お前はもう出て来るな。
名無しさん
昭和の人は今の人とは認識が違うよな。
セクハラの認識を、根底で分かってないと思う。
今は説明されてもそういうもんなのかくらいな
感じだと思う。
名無しさん
解任されて当たり前だと思う、被害者の女性の方々は今も苦しんでいると思います。克服されるのを祈るばかりです。
名無しさん
個人的にこの方については詳しい程ではないけど、ずっと昔パレスチナ問題やチェルノブイリに関する本を数冊読んで、講演も一度行ったことがあるけど、いずれも内容が非常に面白く、文章や講演での話からは人格的な誠実やむしろ高潔さも感じられる印象だった。たしかに社会派のフォトジャーナリストを目指す若い人の尊敬を集めるのはすんなり頷ける感じというか。本は今読んでも間違いなく面白いと思う。
なので今、そうかー、そうかー汗、という印象ではあります。
謝罪文も気取っててやらしいですね。あの頃からそうだったのか、どこかで変っていったのかは知りたいところだな。
西蟹江
クビになったから許されるというものでないです。
名無しさん
その器の無い人間ほど、地位や権力を得るとあたかも自分が神にでもなったかのような勘違いをする。
腕力ではなく、権力で力づくおこなったレイプだと思う。
名無しさん
この程度の謝罪で許されることではない、刑事事件や
se981bbqe
彼の業績とスキャンダルは別だ、なんて話がある。これは考えようによってはセカンドレイプじゃないかと思うけどね。だって、「だけど実績を残した」ことでマイナスを帳消しにするような理屈じゃない?
まあ昭和の偉人なんて、今から考えるとクソみたいな奴が多いんだけどさ。今同じやり方したら確実に捕まる。時代が違うんだよ。

 

ではなー