杉本知之(すぎもとともゆき)さんが
北朝鮮を訪問中の日本人男性が北朝鮮当局に身柄を拘束された
人物ではないかと噂がたっています。

 

 

現時点(2018年8月12日)では日本政府もまだ
北朝鮮に身柄を拘束された人物を公表していないません。

 

 

 

しかし、韓国のネットメディアではその拘束された日本人男性の名前が
報じられていました。

 

 

 

今回はその韓国のネットメディアで報じられた
杉本知之(すぎもとともゆき)の顔画像と経歴について書いていきます。

 

 

杉本知之(すぎもとともゆき)の顔画像と経歴は?

 

 

まずはその
韓国のネットメディアで報じられた日本人男性の名前ですが
ハングルの文字を日本語翻訳すると

 

 

 

「杉本知之」と名前が表示されました。

 

 

韓国メディア

 

 

日本語翻訳

 

 

 

 

この
「杉本知之」さんが
北朝鮮に身柄を拘束された人物ではないかと
推測できます。

 

 

韓国メディアの記事

 

 

杉本知之(すぎもとともゆき)の顔画像

 

そしてこちらが
杉本知之さんの顔画像です。

 

 

 

 

 

 

 

画像に写っている左端のメガネをかけた男性が
杉本知之さんがですね。

 

 

 

杉本知之(すぎもとともゆき)の経歴

 

で、杉本知之さんの経歴ですが
上記のツイッターの情報を元にまとめます。

 

住所:住所不詳

出身地:滋賀県

職業:映像クリエイター

生年月日:昭和54年2月14日生

年齢:39歳(2018年8月現在)

 

 

と、ここまで分かっています。

 

 

家族や住所等々は明確に分かっていません。

 

 

 

ちなみに

 

杉本知之さんのツイッター(スギモトトモユキ)

 

 

杉本知之さんのYouTubeアカウント

 

 

YouTubeに関しては、動画は投稿していないので
一時は、YouTuberとかの情報が流れていましたが
YouTuberではなく「映像クリエイター」として活動しているようですね。

 

 

 

 

 

 

ツイッター画像から
ライブイベント等々で活動しているようですね。

 

 

杉本知之さんのWebページ

音楽 / 映像制作と書かれています。

 

 

杉本知之さんのSoundCloud

 

 

 

 

 

そして音楽・映像クリエイターとして

 

 

 

 

 

このような作品を
杉本知之さん制作していました。

 

 

杉本知之(すぎもとともゆき)なぜ拘束された

 

 

 

 

日本の報道では杉本知之さんについては

 

11日付の産経新聞では
男性は滋賀県出身の映像クリエーター(39歳)とみられ
過去にも北朝鮮に渡航していたとの情報も分かっている。
(TBSでは去年は、北東部の羅先(ラソン)を訪れていたということです。)

 

 

11日付の読売新聞では
男性は北朝鮮に中国の旅行会社を利用して入国したと報じている。

 

 

11日付の朝日新聞によれば
男性は南浦で複数人で行動中、北朝鮮当局に拘束された。
南浦は海軍造船所などがある軍港として知られ
スパイ行為の容疑をかけられた可能性がある。

 

 

と、ここまでが現時点(2018年8月12日)での
日本の報道となる。

 

 

 

 

ここまでしか情報がでてこないのは
早い段階で日本政府が『まだ公にしないでほしい』と
箝口令を敷いたそうですね。

 

 

以下、一部報道より

 

「実は、10日金曜日の昼の時点で新聞各社とも『日本人の身柄が拘束されたらしい』と事件の発生を把握していました。いざ報道しようといたところ、政府が『まだ公にしないでほしい』と箝口令を敷いたんです。

 

表向きは『まもなく拘束された邦人が解放されるから』という説明でしたが、10日の深夜になっても進展がなかった。実際のところ、拉致問題の解決向けて、安倍晋三首相が日朝首脳会談の実現に自ら取り組むと宣言しているときだけに、外交上の失態につながりかねないと、報道管制を敷いたのでしょう」

禁を破ったのは11日午前0時すぎに特ダネとして一報を流したフジテレビだった。
これを機に、朝日新聞や共同通信が相次いでネット上に配信している。

 

前出の政治部記者は「フジテレビはどうも後発組だったようで。外務省や官邸がざわついているのを知って、事情を把握しないままニュースを流したようだ」と証言する。

 

しかし、その後、このニュースは続報がほとんど出てきていない。
丸一日たった11日夜の時点でも、拘束された男性の状況を報じるメディアはなく、逆に、一部のメディアはなんの情報もないまま北朝鮮による「揺さぶり」論を煽る始末だった。

 

引用:http://lite-ra.com/2018/08/post-4183.html

 

 

と報じられている。

 

 

当然、日朝関係を揺るがす問題でもあり
慎重にならざるをえないのだが。。

 

 

 

 

一方、韓国メディアは
拘束された日本人男性を「杉本知之」と報じたり
拘束された理由も報じています。

 

 

観光目的で北朝鮮に入国し
北朝鮮南浦の軍事施設を撮影した疑いで拘束されたと。

 

 

韓国メディア

 

 

ここまで情報が報じられているのに
日本では、よほど慎重に対応せざるを得ないのは

 

 

日本政府内の関係者によれば

 

「北朝鮮が拘束した男性を交渉カードとして使い
日本に揺さぶりをかけてくる可能性もある」

 

との見方が出ているからかるからだ。

 

 

北朝鮮も日本同様にこの問題に触れていない。
と、なると

 

「北朝鮮がどのような形で拘束を公表し、また交渉に利用してくるか」

 

で、どのように進展していくかが、今後注目すべきところでしょう。

 

 

拘束者の無事と早期解放を願いながら事態の推移を見守りたいですね。

 

 

以上
北朝鮮に拘束された日本人男性
杉本知之(すぎもとともゆき)さんについてでした。

 

 

まだ明確な情報がないので推定段階の判断です。
これ以上はしばらく進展があるまで様子を見たいと思います。
進展があれば追記していきたいと思います。

 

 

 

ではなー。