Y&M藤掛第一病院で入院患者が相次いで死亡した問題
2018年8月29日までに入院患者(男性3人と女性2人)の
計5人が亡くなったと発表されています。

 

 

 

今回は
Y&M藤掛第一病院で起こったこの問題と
この病院の院長の藤掛陽生院長の経歴とインタビュー
そしてY&M藤掛第一病院の内情を知るツイートをご紹介いたします。

 

 

Y&M藤掛第一病院で起こった問題とは

 

まず
Y&M藤掛第一病院で起こった問題について
2018年8月28日の朝日新聞では

 

 

岐阜県警は28日、岐阜市一番町の「Y&M 藤掛第一病院」で入院中だった
いずれも80代の男性2人、女性2人の計4人が亡くなった、と発表した。
4人が亡くなった当時、病院のエアコンが故障していたという情報があり
県警は業務上過失致死の疑いもあるとみて死因などを詳しく調べている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000046-asahi-soci

 

 

 

この段階での発表では「男性2人、女性2人の計4人」との発表でしたが
8月29日の報道では新たにこの病院に入院していた
84歳の男性患者が8月28日の夕方死亡したと発表。

 

 

 

「男性3人、女性2人の計5人」となりました。

 

 

 

 

死亡した5人が入院していた3階と4階は8月20日からエアコンが故障していました。
5人に目立った外傷はなく、熱中症で死亡した疑いもあり
警察は業務上過失致死の疑いで捜査していますが
殺人の疑いでも捜索令状をとり、病院に保管されていた資料などを押収して
死因や経緯などを詳しく調べる方針とのこと。

 

 

 

 

岐阜地方気象台によると、岐阜市は病院のエアコンが壊れた8月20日夕から
患者が死亡した8月27日午前まで、7夜連続で最低気温が25度を上回る熱帯夜だった。
しかも、患者はエアコンの故障のため7夜連続の熱帯夜を、3~4人部屋に
急きょ扇風機1台を置いた病室に居続けた。と毎日新聞が報じている。

 

(画像引用元 https://news.tv-asahi.co.jp/)

 

Y&M藤掛第一病院の問題発覚

 

では次に
Y&M藤掛第一病院の問題発覚ですが

 

 

岐阜中署によると、27日午後8時半ごろ、関係者を名乗る者から県警本部に電話があり、「26日から27日の間に病院で4人が亡くなった。熱中症の疑いがある」との情報提供があったという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000046-asahi-soci

 

 

と、その後「関係者を名乗る人物」ですが
どうやら「病院関係者と見られる人物」からの内部告発によって、と
明らかになっています。

 

 

藤掛陽生院長の経歴

(画像引用元 https://news.tv-asahi.co.jp/)

 

そんなY&M藤掛第一病院の院長
藤掛陽生院長の経歴です。

 

名前:藤掛 陽生(ふじかけ ようせい)
年齢:69歳

 

現段階はここまでですね。

 

Y&M藤掛第一病院のホームページ

 

 

藤掛陽生院長のインタビュー

 

藤掛陽生院長は2018年8月28日午後
病院外の路上で約8分間、報道陣の取材に答えてます。

 

 

その藤掛陽生院長のインタビューの一部です。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと藤掛陽生院長のコメントはビックリです。

 

Y&M藤掛第一病院内情を知るツイート

 

で、このY&M藤掛第一病院内情を知る
ツイートをする方を見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と。真実かどうか分かりませんが。。。。

 

 

 

以上。
藤掛陽生院長(Y&M藤掛第一病院)の経歴と
病院内情を知るツイートに関してでした。

 

 

 

ではなー。