梅宮辰夫さんといえば
いつも肌黒い顔立ちやあの貫禄のある体系から
病気とは無縁との感じを受けると思いますが
実は今から約40年前に1度、肺がんを患って以来
現在までずっと梅宮辰夫さん、がんと闘っているという意識で生活をしているようです。

 

 

 

今回はそんな梅宮辰夫さんの病気(がん)との闘いについて
時系列にまとめてみました。

 

 

梅宮辰夫 病気(がん)との闘いについて時系列にまとめてみました

 

(画像引用元 https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/04/kiji/20180303s00041000238000c.html)

 

 

冒頭でも書きましたが
梅宮辰夫さん今から40年ほど前にがんを患ってから
現在までずっと、がんと闘っているという意識で生活をしているとのことです。

 

 

なぜそこまで「がんを意識しながら生活を送っているのか」
それは梅宮辰夫さんの親戚はがんで亡くなった人が多いこともあり
がん(病気)に対しては普通の人よりも気を使って生活しているようです。

 

 

これは梅宮辰夫さんに限らず梅宮アンナさんも意識しており
以前ブログでも

 

「癌家系だから私が癌になっても不思議はない。行かなきゃ、検診へ」
自戒を込めた書き込みをしているくらいですからね。

 

もちろん梅宮辰夫さん
がんだけに対してではなく
例えば、風邪を引いても『風邪くらい…』なんて言わずに
きちんと病院に行ったりしていたようですね。

 

 

それぐらい健康に対しての意識は
普通の人よりも多かったことが感じ取れます。

 

 

梅宮辰夫の病気「睾丸がん」

1974年に「睾丸がん」を患いました。
梅宮辰夫さん当時30代半ばですね。

 

 

実はこの梅宮辰夫さんの「睾丸がん」ですが
当時公表していなかったようですね。

 

 

なのでこの「睾丸がん」に関する梅宮辰夫さんの記事を探してみても
公表していないのか、その後発症する「肺がん」との情報が混ざった感じの
記事が多くみられます。

 

 

たしかに「睾丸がん」から「肺がん」へと転移してしまいますが。。

 

 

「睾丸がん」に関しては
2018年5月31日に放送された「ダウンタウンDX」で
梅宮辰夫さん本人が語っている動画があるのでご紹介いたします。

 

 

 

 

この動画で、梅宮辰夫さん
「睾丸がん」の際は公表しなかった理由として

 

現在の梅宮辰夫さんがはすごい真面目だけど、昔はすごい女ったらしで有名だった。
そのうえであの頃に睾丸がんとか言ったら
世間の人は『そりゃ、ウメタツじゃなるわな』と言われる恐れがあったので
そのような「風評が立つのがいやだったんで、ひた隠しにした」そうです。

 

 

 

さらにその「睾丸がん」ですが
「がんだとは知らずに町医者に睾丸を切除してもらった」こと。
そして「異様な状態だったんで後日、大病院に持って行ってみてもらったら
『どういうとり方したのですか?』と言われ、近々肺がんになります(肺に転移する)と言われた」ことを話していますね。

 

 

その後、実際には梅宮辰夫さん
肺がんを患っています。

 

梅宮辰夫の病気「肺がん」

その後
梅宮辰夫さん「睾丸がん」から
がん細胞が肺まで転移していたため「肺がん」を患います。

 

 

診断では「余命3ヶ月」と診断されたようですね。

 

 

 

時期ですが
梅宮アンナさんのブログには

 

「私が満1歳の時でした。。」と書かれているので
梅宮アンナさん 1972年8月20日生まれなので

 

 

1973年あたりでしょうか。。
となると「睾丸がん」が1974年と言われてますし
1973年~1974年あたりに「睾丸がん」と「肺がん」を患ったようですね。

 

 

 

では「余命3ヶ月」と診断された「肺がん」ですが
深刻な状況にもかかわらず、手術はせずに
抗がん剤による化学療法によって治癒されたようですね。

 

 

 

さらにこの抗がん剤治療で、普通なら脱毛症状などの副作用が
出てくるのですが、梅宮辰夫さん全く起こらなかったそうで
主治医を驚かせたそうですね。

 

 

当時の梅宮辰夫さんの「肺がん」の様子を
梅宮アンナさんのブログにも書かれています。

 

外科的な処置は行わず、祖母の判断により、放射線治療になって。。

父は、放射線を人の3倍を浴びて。。。

だるさと嘔吐はあったものの、髪の毛は、抜けなかったと。。。治療の甲斐あって今に至る。。

今の時代の様に情報や知識がない時代ですから、

当時母が父の病名を知ったのは何と、一年後だったそうです。。。

母の性格からすると、知らない方が良かったんだなぁ~と。。

引用:https://ameblo.jp/umemiyaannna/entry-12077740786.html

 

 

梅宮アンナさんのブログを読んで

 

「父は、放射線を人の3倍を浴びて。。。」この一文と
「髪の毛は、抜けなかった」この一文が梅宮辰夫さんの凄さが感じ取れます。

 

 

さらに
奥さんの梅宮クラウディアさんは梅宮辰夫さんが「肺がん」とは
知らなかったことにもビックリですね。

 

 

今だったらネット社会ですから
バンバン情報を知ることができますからね。

 

 

梅宮アンナさんのブログ

 

 

梅宮辰夫の病気「肺がん」父親の次郎は

 

ちなみにこの梅宮辰夫さんの「肺がん」ですが
NHKの「ファミリーヒストリー」で梅宮辰夫さんの特集を放送した時

 

 

梅宮辰夫さんの父・次郎さんは
息子(梅宮辰夫)がガンになり、それを救えないのかと
我慢に我慢を重ねてきた父(次郎)は、酒の席で
大泣きをしたというエピソードを梅宮辰夫さんの妹が聞いていたという。
さらに父次郎は、ツテを頼って、専門医を探し、息子の治療を頼んだ。

 

と、いうエピソードを放送していましたよ。

 

 

こちらがその「ファミリーヒストリー」で出演した際の
梅宮辰夫さんの妹さんですね。

 

(画像引用元 http://new22nozawa.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-84d2.html)

 

 

そしてこちらが梅宮辰夫さん父親の次郎さんです。

 

(画像引用元 http://new22nozawa.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-84d2.html)

 

 

エリート医師だったようですね。
実は梅宮辰夫さんも父と同じく医師を目指し医学部を受験しますが失敗。
結局、日本大学法学部に進みます。

 

 

梅宮辰夫の病気「肺がん」後 生活を一変させた

 

完治された梅宮辰夫さんですが
この「肺がん」から生活環境を180度かえ

 

 

夜遊びを止め、酒を減らし、早起きして料理に励むようになったそうですね。

 

 

それまでは
梅宮辰夫さんと言えば
銀座を毎晩のように飲み歩き、数々の女性と浮名を流してきた「プレイボーイ」。
梅宮アンナさんが生まれた後もこのような生活を続いていたそうです。

 

 

しかしこの「肺がん」から生活を見直すこととなり
もともと料理が得意だったこともあって
率先して家事も担当していたといわれている。

 

 

当時ことを梅宮辰夫さんも
「北九州市合同同窓会 二度目の成人式」にゲスト出演した際に

 

「実は病気をしましてね。肺がんになったんです。
で、俺はがんで死ぬな、早死にするなと思った」

 

 

そのため

 

「なるべく1分1秒でも家族と一緒にいようと。(それで)ものすごく生活がまじめになった。酒もやめ、飲みにもいかない。仕事が終わったらまっすぐうちに帰る。おかげで友達がいなくなったね(笑)。うちでは家族のために料理つくって、あとは仕事に行ってお金を稼ぐだけ。ものすごいまじめになった」

 

と、家族と過ごす時間に気を配るエピソードを語っていました。

 

 

それと
親戚をがんで亡くなった人が多いことも
このような生活変化をもたらしたんもでしょうね。

 

梅宮辰夫の病気「骨折」

 

2002年梅宮アンナさんが娘の
梅宮百々果(うめみやももか)さんを出産した時に

 

梅宮辰夫さん北九州で釣りの最中に防波堤から船に乗る時つまずいて
胸の骨を7本折ったようです。

 

 

その後、梅宮辰夫さん北九州からに緊急搬送され東京へ
梅宮アンナが対面した時はICUに入っていたそうで

 

そんなICUに入っている梅宮辰夫さんをみて
梅宮アンナはこの時「もう終わりかな」と思ったようですね。

 

 

ちなみに余談ですが
娘の梅宮百々果さんは2001年に結婚した
元飲食店経営の一般人の方です。
羽賀研二さんではないです。

 

しかし毎日喧嘩が絶えず出産する時には
離婚することを決めていたそうで
実際、離婚が成立したのは2003年のことです。

 

 

梅宮辰夫の病気「胃がん」

「肺がん」から一変させた生活を送るも
その後、大きな病気は患いませんでしたが
やはり「がん家系」でもあるのでしょうね。

 

 

2012年「肺がん」から約40年後の梅宮辰夫さん70代(73~74歳)と
高齢の時に「胃がん」を患います。

 

 

この梅宮辰夫さんの「胃がん」ですが
肺がんのような抗がん剤治療ではなく
『手術』によって治癒されたようですね。(疑問)

 

 

ちなみに梅宮辰夫さんの「胃がん」に対しての
記事がそれほどなかったので、当時の様子がわかりませんでした。
公表していないのかな。。

 

 

後に梅宮アンナさん梅宮辰夫さんの「十二指腸乳頭部がん」緊急会見時に
『実は外的手術は初めてだった』と答えてますし。。
もしかすると「胃がん」は公表してないのかもしれません。

 

 

ただ、2018年5月31日に放送された「ダウンタウンDX」で
梅宮辰夫さん「胃がん」を患っていたと発言していますから
「胃がん」を患っていたことは確かです。

 

(画像引用元 https://www.ytv.co.jp/dtdx/)

 

ただ「胃がん」で『手術』したのかは定かではありません。

 

 

でもしかし、もし確かな情報なら
梅宮辰夫さん高齢だったにもかかわらず
手術にふみきり無事に治癒されたので本当に良かったです。

 

梅宮辰夫の病気「8つの合併症」

 

「胃がん」から4年後2016年2月に
「肺炎、心不全、腎不全、糖尿病、高脂血症、狭心症、心房細動、高血圧」
と、8つ、合併症を引き起こしました。

 

 

実はこの2日前に
梅宮辰夫さん風邪をひいて病院に行ったら
先生に『すぐ入院しなさい』と言われたという。
実はこの時点で「肺炎」の病気にかかっていたようです。

 

 

しかしこの時
お世話になった俳優で映画プロデューサーの安藤昇さんのお別れ会に出席するため
梅宮辰夫さん「先生、2日待ってください」と入院を先延ばしにしたようです。
それもそのはず、このお別れ会の発起人が梅宮辰夫さんであったため
どうしても欠席はできなかったようです。

 

 

 

そして
安藤昇さんのお別れ会では
補助歩行器につかまり足を引きずりながらの
梅宮辰夫さんの様子が撮られました。
献酒をする際にもよろめきながら祭壇へ向かいましたようです。
(ちなみにこの補助歩行器は梅宮クラウディアさんが用意したもの)

 

(画像引用元 http://torendosokuhou.com/archives/4833)

 

 

この様子にメディアは当然驚いたようですが
梅宮アンナさんがインタビューで
「風邪が悪化した為で腰痛もあって」と回答したことで
大きな報道にはならなかったようです。

 

 

 

なんとか、安藤昇さんのお別れ会には出席することができましたが
梅宮辰夫さんしだいに病状が悪くなり
お別れ会で予定されていた記者会見をキャンセルし
すぐに病院に向かったようです。

 

 

その後、梅宮辰夫さんは意識不明になり
梅宮クラウディアさんとマネージャーが病院に呼ばれ
「今夜がヤマ」と言われたようです。

 

 

どうやら梅宮辰夫さんこの時
「肺炎、心不全、腎不全、糖尿病、高脂血症、狭心症、心房細動、高血圧」と
8つ、合併症を引き起こし、生死をさまよっていた状態だったようです。

 

 

やはり
2日間の入院を先延ばしにしたことが事を大きくさせてしまったようですね。

 

 

しかしその後
梅宮辰夫さんは、一命を取り留め現場復帰まで回復されました。
ホント最悪な事態には至らなくて良かったです。

 

 

梅宮辰夫の病気「十二指腸乳頭部がん」

そして
8つ、合併症を引き起こし、生死をさまよっていた同じ年の
2016年、6月24日の検査で「十二指腸乳頭部がん」だと診断され
またしてもがんが発見された。

 

 

幸いにも、「がんのステージはⅠ~Ⅱの間で比較的初期段階」
早期発見だったという。

 

 

早期発見できたのは梅宮クラウディアさんが
梅宮辰夫さんの「白目が濁っていること(黄疸)に気づき」
受診をすすめたのだというから夫婦愛を感じますね。

 

 

もちろん黄疸ばかりではなく
全身がものすごく痒くなった体調変化もあったようですね。

 

 

手術は
2016年7月24日に手術
十二指腸の全てと胆嚢(たんのう)のほか、
胃と膵臓(すいぞう)の一部にわたる患部を切除した。

 

 

前もって12時間という長い手術になるため
医師から「最悪の事態も想定しておいてください」と伝えられていた
ようです。

 

 

梅宮アンナさんもこの時は
「もしかしたら、これでバイバイかもと思いました。“いってらっしゃい”と送り出したものの、もう会えないかもと不安でしたね」
とその時の心境を語っています。

 

 

さらに
梅宮アンナさん
「もちろん、元気で退院できる可能性もあるけど、手術中にこのまま…ってことも考えないといけない。
私は常に、最悪のことも考える性格なので、相続やお葬式のこととかも家族で話しましたね。話すしかなかった。

 

父に、『私は自分でどうにかできるから、もしもの時に、ママと孫の百々果(ももか)が困らないようにしてね』って、伝えました。父は、遺言も書いていたと聞いています」

と語っていました。

 

 

当の梅宮辰夫さんは
2016年12月15日の「ダウンタウンDX」でこの手術について

 

12時間におよぶ手術を受けたが、当初は8時間かかると聞いていたそうで

 

「考えたんだよね。8時間耐えられるかどうか。手術して半年で死んだら意味がない。
手術しなかったら『1年は痛みがありません。でも、それから苦しいですよ』と聞いて受けようかなと…」と決意した経緯を語っていました。

 

 

さらに

梅宮辰夫さんは術後3日間の記憶がないようで
その間、他界した俳優や、大好きな女優がお見舞いに来るという幻覚か夢か分からない体験を明かし
「記憶がないとき、大変ですね」と振り返っていました。

 

 

確かに
梅宮辰夫さん高齢で手術を受けたということもあり
手術直後は、「せん妄」という幻覚や錯覚という意識障害が起きるようです。
1週間くらいで治っていくが、最悪そのまま認知症になる場合もあるようです。

 

 

結局は
梅宮辰夫さんの手術は成功し予後も良好で
2016年8月11日に退院しています。

 

 

 

この梅宮辰夫さん「十二指腸乳頭部がん」ですが
その後

 

2016年9月8日に梅宮辰夫さんが「十二指腸乳頭部がん」であるとの記事を
週刊新潮が掲載することを受け

 

梅宮アンナさんがその前日の9月7日に都内で緊急会見を行いました。
その様子がこちらだいぶ詳しく語っています。

 

 

 

 

もしかすると
週刊新潮が梅宮辰夫さんが「十二指腸乳頭部がん」であるとの記事を
掲載しなければ、このような記者会見や公表も遅れたかもしれませんね。

 

 

またその後
2016年11月に仕事復帰。
2017年1月に放送される「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル」
の衣装合わせに参加しています。

 

その時の梅宮辰夫さんがこちら

 

(画像引用元 https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/08/gazo/G20161108013681950.html)

 

2016年11月8日のスポニチの取材では
ちょっと画像を見ると手術の影響なのか、痩せているようにもみえますが

 

『術後に約10キロ減った体重も戻ってきている』
『撮影の合間に倒れないよう、スポーツジムに行ってトレーニングしている』

 

と明かしていた。

 

 

そして
2017年1月6日に開かれた完成発表会の
梅宮辰夫さんは

 

完全復活していますね。

(画像引用元 https://www.cinemacafe.net/article/img/2017/01/06/46141/259119.html)

 

 

(画像引用元 https://www.cinemacafe.net/article/img/2017/01/06/46141/259119.html)

 

 

梅宮辰夫の病気「30針を縫う大怪我」

そしてこちらも衝撃的でした。
2018年3月15日に開催した
梅宮辰夫さん自身の生誕80年・芸能生活60年を祝う会でのこと。

 

 

梅宮辰夫さん会場に到着後、まさかの玄関前でつまずき転倒。
コンクリートに顔面を強打されました。

 

 

右側の額と頬、鼻の上など数カ所に裂傷及び打撲を負い
額の右側を30針を縫う大怪我。
さらに動脈を切ったため出血がひどかったようです。

 

 

どう考えても
本来なら大事を取ってイベントを中止するところです。
しかしそこは梅宮辰夫さん責任感が強く
自分を犠牲にしてでもという気持ちが非常に強い人方なので
「せっかく、みんな来てくれるんだから、やらないわけにはいかないだろう」と

 

 

その後4時間かけて応急処置をした後
すぐにお祝いのイベントを強行しました。

 

もちろん検査結果では
「脳には異常はなく骨折もしていなかった」ようです。

 

 

そんな梅宮辰夫さんの画像がこちら

 

(画像引用元 https://www.oricon.co.jp/news/2107663/)

 

 

(画像引用元 https://www.oricon.co.jp/news/2107663/)

 

 

さらに梅宮辰夫さん
会場では

 

「そうだな。でも、情けないことになっちまったよ」といい
「でも、しょうがない。きょうは無様な顔をさらすことになっちまったけど、みんなに笑ってもらうしかないな」と笑いを誘う発言をしたり

 

 

「もう、この歳になると、いつ死んでもいいと言う気持ちにもなる。欲もない。
ただ、昭和の生き残りスターとしてのプライドだけは、どんなことがあっても持ち続けていきたい」と力強くメッセージをおくっていました。

 

 

この時の当時の様子を
2018年5月31日に放送された「ダウンタウンDX」で
梅宮辰夫さん本人が語っていますので動画もどうぞ

 

 

 

ちなみに
梅宮辰夫さんはダウンタウンの浜田雅功さんと仲がよくて
仕事面で信頼もしている関係から
「ダウンタウンDX」にはたびたび出演なされますね。

 

 

以上。
長々と梅宮辰夫さんの病気(がんや怪我)について書いてきました。

 

 

結局のところ
梅宮辰夫さん本人も言ってますが

「回復力がとても強い方」だと実感しました。

 

 

逆境になっても最後は凄い生命力で病魔をで跳ね返す力
こういった力があるからこそ芸能界でも成功されたのではないでしょうか。

 

 

80代を超えた梅宮辰夫さん体調面も不安視されますが
できるだけ長く芸能界で活躍して欲しいです。

 

 

ではなー

 

 

ちなみに
2018年12月13日放送の「ダウンタウンDX」では
その激やせした梅宮辰夫さんの容姿にさすがにビックリした方も多いはず。

 

その記事がこちらです。

梅宮辰夫の激やせ画像が衝撃的!!原因はがんが影響しているのか!?

 

 

 

良かったら激やせした梅宮辰夫さんも記載しているので
読んでみてください。