ツイッター上である飲食店の張り紙が投稿され
ネット上で物議を醸している。

 

 

どうやらその投稿をみてみると
食べログの課金制度に対しての投稿だった。

 

 

今回は食べログの課金制度について
書いていきますね。

 

 

食べログの課金制度に関する張り紙

 

では早速あるツイッター上に投稿された
『食べログの課金制度に関する張り紙』がこちら

 

 

 

 

 

 

 

つまり

 

 

お客さんが食べログ経由でお店を予約するとお店が課金を食べログに払う制度。
(時間別でディナーは200円 ランチは100円)

 

 

なのでお客さんが食べログで記載している電話番号
「050始まりの番号」からかけるとお店が食べログに課金しなくてはならない為
(ちなみに「コール課金型広告(ペイパーコール)」というらしい)
張り紙に書いてある通りに「お店のホームページの予約サイトから予約して下さい」
とのこと。

 

 

そうすれば、食べログに課金しなくてもよくて
お客さんに今まで通り、リーズナブルに楽しんでもらえるということ。

 

 

 

 

食べログに記載されている「サービスプラン別料金表」

 

 

まぁ確かにどのプランも従量課金が月額固定費にプラスされていますね。

 

 

で、こういった課金制度は食べログに限らず
『ホットペッパー』も『ぐるなび』も『ヒトサラ』も
それぞれ同じ様なシステムで、課金システムを使っているようです。

 

 

若干、システムは多少違いがありますが『課金制度』ということでは
考え方は一緒です。

 

 

食べログ課金とは?契約解除すればいいだけ?

 

だったら課金されるなら解約すれば良いんじゃないの?
って調べたら

 

 

 

『普通に解約できるはずですよ。違約金も無かったはずです。てか、プラン資料普通に公開されてる気がします。
要は広告なんで200円取られても集客増えて儲かると思うならやれば良いし、200円取られて堪らんわっていうのであれば辞めれば良いというシンプルな話かと。。 』

 

ってことでした。

 

どうやら食べログ課金は
『課金されるのは店側から申し込んだ「有料掲載店舗」だけ』

 

さらに
こんな情報も。。

 

 

 

 

 

 

 

つまり契約しないと課金されないシステムのようですね。

 

 

 

食べログに勝手に徴収されているのではなく
契約(有料会員)をしないとそのような事はないようです。

 

 

 

なので
払いたくなければ契約解除ということになります。

 

 

 

しかし
お店としてはやっぱり食べログで有料会員になった方が
ある程度見込めるから契約している方もおられ

 

 

『払いたくなければ契約解除』ということに踏み込めない方もおられるようです。

 

 

問題になっているのか、200円という課金額。。

 

 

この課金額がきつすぎるという意見の方もおられました。
チリのも積もればですからね。

 

 

月額固定費に加えて、さらに従量課金が加算されるってことですからね。
お店にとってはきつすぎるでしょう。

 

 

かといって有料会員を辞めるワケにもいかず。。。
値上げに踏み切ることもなかなかできず。。

 

 

そうなると
ツイッター上で投稿されたある飲食店の張り紙のように
お店の本音が出ちゃいます。

 

 

これも分からなくはないです。が
でも、今回のお店の張り紙は『それをお客様に開示するのは』という点は
やりすぎた感があると思います。

 

 

今後
食べログと同じようなサービスで課金しない酷似サービスが出てくれば
もうちょっと変わるかもしれませんね。

 

 

ではなー