今回は小保方晴子さんの現在の画像を
ご紹介いたします。

 

なぜって
それは小保方晴子さんめちゃくちゃ別人すぎて変わっていました。
『良くなったのか?』『悪くなったのか?』
それは今回ご紹介する小保方晴子さんの画像を見て
判断してくださいね。

 

 

ちなみに
小保方晴子さんといえば
実在するとすれば世界を変えるかもしれないと言われた
『STAP細胞』でマスコミから賞賛されるも

 

その後、STAP細胞の論文に
『他のデータから無断流用』や『コピペ』などの疑惑が浮上
それまでの賞賛の報道から見事にバッシング報道へと切り替わるなど
大問題の事態になったのは、記憶に残っていると思います。

 

記者会見で小保方晴子さんが言った

 

『STAP細胞はあります!』は脳裏に焼き付く一言でした。

 

結局はその後の検証実験で
論文の内容でSTAP細胞は作れず
『STAP細胞は存在しない』ということに・・・

 

 

まさに『賞賛から転落』への人生でした。

 

 

では
そんな別人すぎる小保方晴子さんの現在の画像を・

 

スポンサーリンク

小保方晴子の現在の画像が別人すぎて衝撃的・・

 

では、心の準備はできたでしょうか?
こちらが小保方晴子さんです。

 

 

 

 

 

 

 

婦人公論

 

え、って思うかもしれませんが

 

こちらが現在(2018年3月)の小保方晴子さんです。

 

メイクも完璧に決まってます。

 

過去の研究者時代と現在を比べてみても

 

 

全然別人ですね。

 

まぁ、今回(現在)は撮影ということもあり
めちゃくちゃメイクしまっくってますから
当然、顔が昔の研究者時代とは違うでしょう。

 

昔は『愛嬌のある丸顔』(童顔)でしたが
現在は『シャープな大人顔』の印象です。

 

全く別人で印象も違ってきます。

 

もしもしもですよ。
現在の『シャープな大人顔』の小保方晴子さんで
あの記者会見を開いていたらもっと叩かれていたかもしれませんね。

 

やっぱり
『愛嬌のある丸顔』(童顔)であったからこそ
一部では小保方晴子さんを擁護する人も出てきたのかも
しれません。

 

 

当時の小保方晴子さんの記者会見

 

 

 

ちなみに
今回(現在)の小保方晴子さんを撮影している人は
篠山紀信さんです。

 

スポンサーリンク

小保方晴子の現在は?

 

まずは
小保方晴子さん
2014年12月21日付で理化学研究所を退職した後
うつ病の治療で通院する以外はほとんど外出することが
できない状態だったそうです。完全引きこもり状態ですね。

 

しかし
2016年1月に小保方晴子さん
『あの日』というタイトルで本を出版

 

この本が小保方晴子さんに転機をもたらしたのかもしれません。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あの日 [ 小保方晴子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/3/29時点)

 

 

その内容は
真実を歪めたのは誰だ?
生命科学界の内幕
STAP騒動の真相などを書いた
衝撃の内容でした。

 

で、やっぱり情報は発信して見るものです。
この小保方晴子さんの『あの日』を読み
真実を知った瀬戸内寂聴さんが
小保方晴子さんを応援。

 

ついに2016年5月の『婦人公論』で
瀬戸内寂聴さんの呼びかけで
瀬戸内寂聴さんと小保方晴子さんとの対談が実現しました。

 

 

久しぶりに小保方晴子さんが
メデイアに登場しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

また今回(2018年現在)とは違う
ちょっとふっくらした感じが残っていますね。

 

でも、理化学研究所にいた時とは別人です。

 

で、だ。。
この瀬戸内寂聴さんとの対談で
瀬戸内寂聴さん小保方晴子さんに
「作家になりなさい」と、作家になる道を示したそうです。

 

まぁ
そんな簡単に作家になれるものじゃないけど
でも『縁が縁を呼ぶ』のでしょうね。

 

この瀬戸内寂聴さんと対談した『婦人公論』が
2017年新年号から小保方晴子さんに
『小保方晴子日記』として記事を書いてもらい
連載を開始させました。

 

婦人公論

 

内容は2014年12月に理化学研究所を退職した後
小保方晴子さんの身の回りに起きた出来事と
心情を日記に書き留めたものです。

 

で。。。
今回冒頭にもあった小保方晴子さんの画像
実はこれまでの『婦人公論』の連載に、書き下ろしを加えて
一冊にまとめた『小保方晴子日記』の出版に際しての
特集記事として撮られたものです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小保方晴子日記 (単行本) [ 小保方 晴子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/3/29時点)

 

 

 

 

 

 

 

具体的な内容は

 

精神科入院、博士号剥奪、手記の執筆…
理研退職からの650日間を綴る。
STAP細胞騒動後、死の淵をさまよった孤独な闘いの記録。
瀬戸内寂聴さんとの対談を再録。

 

と、今回も前回の『あの日』と同様
あの騒動について書いていますね。

 

 

一説には、小保方晴子さんが以前書いた『あの日』は
売れ行きが好調で数千万の印税を手に入れたと報じられており
今回の『小保方晴子日記』も、もしかして数千万の印税を
手に入れるかもしれません。

 

こうなると小保方晴子さん、現在は無職ですが
今後進むべき道は、瀬戸内寂聴さんが言う『作家』へと
転身もあり得るかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

小保方晴子のこれまでの画像

最後に小保方晴子さんのこれまでの
画像をまとめてみます。

 

 

 

 

若いですね。。

 

 

 

 

割烹着姿です。

 

 

 

 

 

 

『愛嬌のある丸顔』ですね。

 

 

賞賛されていた頃の小保方晴子さん

 

 

 

以上。
小保方晴子さんの現在が別人だったでした。

 

ではなー。